リスク管理は徹底的に

先物取引に限りませんが、リスク管理は投資の世界では必ず行わなければならないものです。借金して行うなどもってのほかです。 レバレッジが可能であればなおさら厳しくしないとなりません。損失が出ることも考慮に入れておき、最初に資産目標を決めておくと無理がでにくくなりますね。

最後に明暗をわけるのは人間心理

成功する投資家の特徴のひとつに、ひたすら目的に向かって淡々と投資する心の強さが挙げられます。 偏った見方をせず合理的な見方ができるのでしょうが、メンタル面も影響するのでしょう。 先物取引は博打のような面がないわけではないですが、冷静な判断が成功への近道なのでしょう。

規則正しく日々勉強

先物で破産した…
大損して生活が苦しくなった…
というような、恐ろしい話を聞いたことがある人はいると思います。

先物取引というと、実際運用したことはなくても印象としてはハイリスク・ハイリターンだと思う人も多いでしょう。さて先物でもやってみるか!みたいな気軽なものでもありません。
ただ、大損した話とは逆に億単位で儲けた話もありますし、市場として成立しているので絶対「やってはいけないもの」ではありません。

先物とは、ある商品について、今の価格から将来の価格を予想し、期日を決めて売り買いをする取引のことです。
また仕組みとしてレバレッジをかけることができます。現金を証拠金として預けることでそれを担保にして少ないお金で大きなお金を動かすことができます。こうしてハイリターンを狙っていくのです。
一方、損失がでたときは追加で大きなお金が必要となります。追証といわれる追加証拠金です。レバレッジを大きくかけていると追証も大きくなります。

こうした先物取引ですが、100パーセント勝ち続ける人はおそらくいないでしょう。
誰しも損をした経験があるのです。
この、経験者の失敗談を分析していくとあるパターンが見えてきます。
初心者にありがちな、かつ中級者でも陥りやすい罠が明確にあるのです。

先物取引はみんなが勝ち続け儲けることができるプラスサムの市場ではなく、厳しいゼロサムゲームと感じることが多いかもしれません。
ですが、これから紹介する失敗例や成功例を見ていただくと、成功への道が少し見えてくるかと思います。

先物取引で大失敗する罠

利益は大きく損失は少なく、というのが先物取引では理想です。 ですが、先物取引においては逆を行ってしまう初心者が少なからずいます。 目先の利益にとらわれずに行動するにはまず知識を得ることが一番大事ですが、なんとなくこうなるだろうという見切り発車だけは避けたいですね。