>

最後に明暗をわけるのは人間心理

損切りできないメンタルの弱さ

長期保有の投資ではなく、先物などの短期売買の場合は適切なタイミングで損切りできるかが重要なポイントとなります。
損切りとは、含み損がでている状態で見切りをつけ、損失を確定させることです。
人は負けを認めることがなかなかできず、また損失はリスクを冒してでも回避したいという心理を持ち合わせています。
これが損切りできないという事態に陥らせるのですが、こうなってくるとずるずると損が拡大してしまうという典型的な失敗パターンとなります。

また、ルールを決めてその通りに損切りしたのに、すぐに価格が戻ってしまって後悔することがままでてくるでしょう。その後、再び損切りする場面に出くわしたときには利益がでるかもしれない…という気持ちのぐらつきがでます。このぐらつきをなくし、ルールを徹底するメンタルの強さが必要となります。

焦りは禁物

基本的には先物取引は余剰資金でやるものです。
稼がなければ、という切羽詰まった状態では分析もままなりません。
先物取引には情報をもとにじっと待つという、タイミングを見計らうことも成功の秘訣です。

全ての情報を網羅するのは不可能ですので、自分の知っている範囲での相場に入っているものです。
その中で、相場が荒れていて手を出す時期ではないこともあるでしょうし、絶好の買い場の時期もでてくると思います。
前者の場合、精神的余裕がないと不利な時なのに無理して取引してしまい、損するべくして損をしてしまいます。
また後者の場合は金銭的余裕がないと取引ができず、まんじりとした時間を過ごすこととなります。

毎日毎日相場とにらめっこして取引を続けるのもいいですが、時にはお休みして状態を整えておくことも必要でしょう。